発禁となった遠地輝武の第一詩集「夢と白骨との接吻」の表紙画を村山知義が描き、遠地輝武が「発禁となりし処女詩集を悼みてしるす」と書き綴った合作色紙。中野重治宛。