下村昇之助自邸はヴォーリズ建築事務所設計・清水組施工により昭和9年に竣工。下村昇之助は大丸百貨店副社長。

 本写真帖は竣工を記念し、昇之助が制作したもの。1920年代後半以降ヴォーリズが数多く手がけたスパニッシュ様式の邸宅で、アーチ型の開口部が特徴となっている。京都は伏見桃山を望む約390坪の敷地に洋式・和式庭園を設け、館には展望室も備えた豪邸であった。建物は残念ながら現存せず。