「セルフヒヤ」旅行日記

虫損やや大(特に最後の10丁は文字欠けあり)

 1876年6月、ボスニアのキリスト教徒の反乱を契機にセルビア公国はオスマン帝国に宣戦し、セルビア-トルコ戦争が始まった。「駐魯日本公使館附山本氏」は戦場を視察すべく、一路ロシアからセルビアへと向かう。セルビア当局に願い出て、セルビア兵及び義勇兵として参加したロシア士官らと共に現地に赴き、実際の戦場を見学。砲弾飛び交う戦場を臨場感あふれる記述で描写している。

「セルフヒヤ」旅行日記

¥110,000

肉筆稿本 75丁

商品カテゴリー:
続きを読む