2020.10.31-11.01

2020.10.31

昼前に目覚める。9時間も寝ていた。

当然のごとく二日酔いで頭が痛い。ご飯を作ることが出来ないので近所の中華料理屋へ。なんてことのない町中華のラーメンだが、酒が抜けていない状態で食べる一杯は至極の美味であった。

午後はオンラインショップの登録とニュースレターの作成。二日酔いがなかなか引かず、時間がかかる。配信時間直前になんとか作業完了。

2020.11.01

ジムとスーパーに行った以外は終日家でゆっくり。

カード会社からポイントが溜まっているというメールが。確認してみると、約3万円分のポイントが使える。何に使おうか思案した結果、ガスファンヒーターを買うことにする。

この日は「大阪都構想」の住民投票の日。大阪市民ではなくなってしまったが、大きな関心を持ってみていた。結果は否決。基本的にSNS上で政治的な表明はしないことにしているが、今回は別。否決されて本当に良かった。NHKで「否決確実」の速報が入った瞬間は、思わず涙が出た。大阪市に住んだのは数年ほどだったが、豊かな文化を生み出した大阪市の歴史と土壌をこれからも引き継いでいってもらいたいと心から願う。

【今日の一冊】

「機械と芸術との交流」板垣鷹穂

再度分離派建築会展覧会関連書籍を。分離派建築会のメンバーが参加し、昭和7年に刊行された「建築様式論叢」を堀口捨己と共に編集したのが板垣鷹穂。展覧会のtopic2「関東大震災、新しい東京」にて板垣と堀野正雄の写真による「大東京の性格」が展示されていました。「機械と芸術との交流」はその板垣の代表的著作。モホリ=ナギによるバウハウス叢書を思わせる装幀が素晴らしい。こちらの一冊は詩人・映画評論家の杉山平一旧蔵。

[ux_product_flip ids=”16020″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

4 × 1 =